MENU

Logicool G304レビュー!DPI調整が便利で遅延の無い低価格ワイヤレスゲーミングマウス

Logicoolは、さまざまなゲーミングマウスを販売しています。ワイヤレスの製品も多いですが、ワイヤレスマウスは値段が少し高めです。

そんななかで、低価格かつ高クオリティなワイヤレスマウスとして人気なのが、Logicool G304。

ワイヤレスなのに遅延がなく、便利な機能もあり使いやすいのが特徴です。

今回は、そんなLogicool G304の仕様と外観を紹介したうえで、良いところと気になる点についてレビューしていきます。

目次

Logicool G304の基本仕様・外観

まずは、Logicool G304のスペックや外観などの基本的な仕様について簡単に紹介していきます。G304のDPIや重量、サイズなどが気になる方はぜひご参考ください。

スペック

  • 接続方法:ワイヤレス
  • 無線方式:USBドングル(LIGHT SPEED)
  • 解像度:200~12,000DPI
  • センサー:HERO
  • 最大加速:40g
  • 最大速度:400IPS
  • バッテリー:電池式
  • 電池寿命:約250時間
  • ワイヤレスレポートレート:1000Hz(1ms)
  • ワイヤレスプロセッサ:32ビットARM
  • サイドボタン搭載
  • サイズ:高さ116.6×幅62.15×奥行38.2mm
  • 重量:99g

詳しくは後述しますが、特徴的なのはLIGHTSPEEDという無線技術。Logicoolの独自技術で、Bluetoothや一般的なドングル接続よりも通信速度が速いのが特徴です。これにより、遅延を減らせています。

さらに、解像度が200から1万2000DPIまでと幅が広いです。

センサーもLogicoolのHEROセンサーを使用しており、これにより高いトラッキング性能を誇ります。

電池式は面倒ですが、一方でバッテリー寿命に悩まされないというメリットもあります。製品寿命が長くなるので、長く使いたいという方には電池式のマウスもおすすめです。

外観

Logicool G304のデザインの印象は、「かわいらしい」といった感じです。小さい卵型のマウスで、男女ともに合うデザインに仕上がっています。それでいてかわいらしいので、かわいいものが好きな人にはおすすめです。

一方で、ホワイトなどのカラーを選べば、スタイリッシュな印象も受けます。

カラーバリエーションは、以下の通りです。

  • ホワイト
  • ブラック
  • ブルー
  • ミント
  • ライラック

ライラックは、薄い紫色といったカラーリング。どのカラーもかわいく、デザインが派手すぎないのがいいところです。

付属品

  • G304本体
  • LIGHTSPEED USBレシーバー
  • 取扱説明書
  • 保証規定

以上が、本機の付属品です。構成は、非常にシンプルかつ最低限におさまっています。G304本体とUSBレシーバー、説明書などのテキスト類のみです。

上位モデルに付属されることのある重りなどは、ありません。

ただ、5000円程度という価格を考えれば過不足なくいいパッケージです。

Logicool G304の良いところをレビュー

Logicool G304の基本仕様などについて、紹介してきました。ここからは、Logicool G304の良いところをレビューしていきます。操作性や遅延などについて簡単に解説しているので、ぜひご参考ください。

遅延が全く体感できないレベル

Logicool G304は、遅延が全く体感できないレベルです。

Bluetooth接続のマウスだと、FPSなどをプレイしていると体感できる程度には遅延があります。環境によっては明かな遅延があり、操作が難しくなるのがネックです。

遅延が少なければ少ないほど、操作が直感的になり、急な事態にも対応しやすくなります。FPSだけでなく、一人プレイのゲームでもマウスを使うゲームなら遅延が少ないほうがいいです。

LOGHTSPEED接続は、下手な有線接続よりも速いことを売りにしています。その売り文句の通り、有線接続同様に遅延がありません。

また、無線の安定性も高いです。多少ほかの無線機器があっても、途切れることなく使えます。

つかみ持ちがしやすい

Logicool G304は、形状的につかみ持ちがしやすいです。

指先と手のひらの一部で、マウスをホールドします。クリックの連打速度が速くなるのが特徴です。ゲームでは、つかみ持ちをするという人も大勢います。

ただ、手のひらをかぶせるようにして保持する「かぶせ持ち」が最も使いやすく、つかみ持ちは少し使いにくいという製品が多いです。

本機は形状とサイズ的につかみ持ちに適しています。

さらに、サイドボタンの配置もつかみ持ちをしているときに使いやすいです。奥側のボタンを親指の先で押せて、手前側のボタンを親指の付け根あたりで押せます。

つかみ持ちをする人には、特におすすめです。

小さいから手が小さい人でも安心

Logicool G502 X PLUSとの比較

本機は、サイズがゲーミングマウスのなかでは比較的小さいです。女性など手が小さい人でも、安心して使えます。

ゲーミングマウスは大きい製品が多いので、高クオリティかつ小さい製品があるのはいいことです。カラーバリエーションも豊富なのも、このみなデザインが見つかるので好印象。

小回りが利きやすい操作感

サイズが小さいこともあり、本機は非常に小回りが利きやすいです。

操作感は、しっかり止まるという印象があります。細かく動かして止めて、という繰り返しの操作がしやすいです。マウスを細かく動かすような場面のあるゲームでは、非常に役に立ちます。

電池を含めて約99gという軽量さも相まって、動かしやすいマウスです。

ローセンシ設定の方の場合は特に、操作がしやすくなります。

DPI調整の幅が広くて便利

Logicool G304には、ホイールボタンの下にDPI調整ボタンがあります。

このボタンを押せば、「400」「800」「1600」「3200」の4段階から、選択可能です。これらは一般的なDPI設定といった感じで、使いやすい印象があります。本体のボタンを押すだけで切り替えられるのも、いいところです。

さらに、専用ソフトウェアを使えば「200~12,000」までの間で、50刻みで調整できます。細かく、かつ幅広く調整できるので、自分好みの解像度に設定可能です。

軽いうえにワイヤレスだから疲れにくい

Logicool G304は、電池を入れても99g程度の重量です。マウスの重さは100g前後が一般的ですが、ワイヤレスマウスはバッテリーなどがあるため少し重くなりがち。

本機はワイヤレスマウスとしては、比較的軽い部類です。

さらに、無線なので動かしていてケーブルが邪魔になったり、突っ張ったりすることがありません。

軽いうえに無線なのであまり力を入れずに動かせて、疲れにくくなっています。マウスを長時間操作していると浸かれるという方にも、おすすめです。

価格が安く入手性が高い

Logicool G304は、価格が5000円程度です。定価は5700円ですが、販売店によっては5000円前後で販売されています。

ワイヤレスゲーミングマウスとしては、安価です。

そのうえ、本機は家電量販店ならどこにでも売られています。ゲーミング機器にあまり力を入れていないところにもあるので、入手性が非常に高いです。

入手性・コスパともに高く、購入しやすいのも本機の魅力だと言えます。

Logicool G304の気になる点をレビュー

ここまで、Logicool G304の良いところについてレビューしてきました。一方で、少し気になるところもあります。そこで今度は、Logicool G304の気になる点についてレビューしていくので、ぜひご参考ください。

手が大き目の人だと使いにくい

本機は比較的小さめのマウスです。手が小さい人にとっては非常に使いやすいですし、手が大きくてもつかみ持ちがしやすいのがいいところ。

一方で、手が大きめの人がかぶせ持ちなどをしたい場合には、使いにくいです。かぶせ持ちをすると指がデスクについてしまったり、サイドボタンが手のひらに隠れてしまったりする可能性があります。

かぶせ持ちをする手が大きい人には合わない可能性があるので、注意しましょう。

両サイドの材質が少し滑りやすい

本機は、両サイドの材質が少し滑りやすいです。両サイドには滑り止め加工をしたり、ラバーなど滑りにくい素材を使ったりしている製品も多いですが、本機にはそのような工夫がありません。

普通にプラスチック素材なので、少し滑ります。

つかみ持ちをしていると、特に指が滑りやすいです。手汗をかきやすい人は、注意しましょう。

ボタンのクリック音が高音で耳に残る

Logicool G304のクリック音は、決してうるさくはないのですが、静かでもありません。

音の質が高音寄りで、少し耳に残りやすいのが気になる方もいるかもしれません。

同じ音量でも低音ならあまりうるさく感じないのが、高音だと耳に残りやすいのが難点。音量レベルとしてはそこまでではなくても、実際よりうるさく感じてしまう可能性があります。

ただ、クリック音があっても気にならない人や、気にしなくてもよい環境の人なら問題ない程度です。

Logicool G304はこんな方におすすめ

  • つかみ持ちをする人
  • 手が小さい人
  • 遅延がない無線マウスを安く買いたい人
  • ローセンシで操作している人

Logicool G304は、以上のような方々におすすめです。

本機はつかみ持ちがしやすいマウスなので、つかみ持ちの人におすすめ。手が小さい人なら、かぶせ持ちなどにも対応できます。

さらに、遅延がないのが非常に便利。ゲームだけでなく普段のブラウジングなどでも、Bluetoothマウスで遅延や安定性が気になったことがあるという方にはおすすめです。特に安定性が高いのは、普段使いもしやすくていいところ。

そして、本機はローセンシで扱いやすいように作られています。ハイセンシでも使いやすいものの、ローセンシのほうが使いやすいといった印象です。

ローセンシプレイヤーには、特におすすめのマウスだと言えます。

まとめ|圧倒的に使いやすいエントリークラス

本記事では、Logicool G304の良いところと気になる点についてレビューしてきました。

良いところも気になるところも、どちらも表裏一体という印象です。サイズが小さいのはいいことですが、手が大きい人にはネックになります。

無線接続の遅延がないのは掛け値なしに素晴らしいところですが、それ以外は合う・合わないがハッキリしているマウスです。

自分に合うかどうかをしっかりと見極めて、購入を検討しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次